サッカークラブ つくるのは簡単、継続は困難(前編)

新しくサッカークラブを立ち上げようと思います。どのように進めればいいのでしょうか?
たまに聞かれます。
100人いたら100通りのやり方があると思いますし、これが正解、というものはないのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ビジョンと理念

頭の中にはビジョンや理念が出来上がっていると思います。
それを、文字に起こしてみましょう。
どんなクラブをつくりたいのか?どんな選手を育てたいのか?
他人にも伝えられるよう言葉にすることで、まず自分の頭の中が整理できます。

■指導方針や方向性

いろんなチームがあります。
パス主体なのか、ドリブルなのか、ロングボール主体なのか。
とにかく勝つことを目的にするチームなのか、簡単に勝つことを教えないチームなのか。
大事なものはチームの勝利なのか?個人の育成なのか?

■保護者との関わり

いろんなチームがあります。
保護者のサポートありき、ないと進められないチーム、クラブ主体でやるチーム。
『協力』という名の『介入』も必要とするのか?しっかりと線引きするのか?

87e94b7aeda4f452f9764e2718f506de (1)

間違いなく言えるのは、どんなクラブをつくったとしても、周りのいろんな立場の人からいろんなことを言われるということ。
例えば、バルサのようなサッカーを目指すとしたら、小学生からあんなことやらせてとか。
ドリブルを多くやっていたら、あんなの遊んでるだけでサッカーじゃないよ、勝てないよとか。
蹴らせて勝つことばっか優先で、あんなの育成じゃないよとか。

何をやるにしてもどんなやり方、方向性にしても、言われます。
それを想定した上で、何があってもやり続けるという覚悟が必要です。

リオペードラ加賀代表ブログ
リオペードラ加賀スタッフブログ
アウパ加賀スタッフブログ
NPO法人スポーツクラブ リオペードラ加賀
総合スポーツ施設アウパ加賀
障害福祉サービス事業所すくすく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です